化粧品のOEM製造|新素材の導入、新製品開発などにより培った製造技術があります
健康食品OEMのバイオフーズ >> コンセプトから作る|化粧品のOEM製造

化粧品製造、新製品開発など自然派化粧品OEMはバイオフーズインターナショナルへ

化粧品のOEM製造をお考えの商品企画担当者、経営者様。
バイオフーズインターナショナルでは、新素材の導入した基礎化粧品の研究や、大学と連携した新製品開発などにより蓄積したノウハウを活かし、お客様のご要望を実現いたします。

企画からのご相談や、最適な原料提案、配合、最終製品化までお客様をサポートいたします。

バイオフーズインターナショナルの化粧品OEMについて

OEM製造はもちろん、企画からや開発段階でのご提案が可能

OEM製造はもちろん、企画からや開発段階でのご提案が可能

お客様と共に化粧品を生み出したいという想いのもと、OEM対応をさせていただきます。
これまでに培ってきた原料・配合ノウハウを活かし、コンセプト策定から、最適な原料選び、製品化までアドバイスさせていただきます。

研究開発の積み重ねによる原料へのこだわり

研究開発の積み重ねによる原料へのこだわり

肌に優しい化粧品づくり

化粧品は消費者の肌に直接触れるものであるため、人に優しい原料を使うことが条件です。弊社では、自社の研究チャネルを駆使し、日々消費者に優しい製品づくりを研究しております。例えば、防腐剤として一般的に使用されている「パラベン」や「ヘキサンジオール」などの使用をやめ、お肌に優しい天然素材「植物エキス」を配合いたしました。

「大学との共同研究」

近年、開発技術力が高いと言われている名古屋市立大学・崇城大学・甲南大学・大阪大学などの大学との共同研究を積極的に行っております。
その研究の中で、紫外線の防止に、新しくDNA(遺伝子)を使った画期的な化粧品開発に成功しています。

対応範囲詳細

対応範囲詳細

スキンケア

  • クレンジングクリーム
  • ポイント乳液
  • ポイントメイク落とし
  • 美容液
  • 洗顔フォーム
  • 保湿クリーム
  • 化粧水
  • シートマスク

その他

  • ヘアコンディショナー
  • ヘアシャンプー
  • ヘアリンス

上記の他にも、ナノ化技術を用いた化粧品、敏感肌用化粧品などのOEM製造にも対応いたします。

これまでの化粧品OEM例

製品テーマ:べたつかずさっぱりとした化粧品

製品テーマ:べたつかずさっぱりとした化粧品

ご提案内容

「夏の使用」をテーマとされており、ベタつかないジェルでの製造をご提案。
また、動物性原料を使用したくないとのご相談もございましたので、ハトムギなど植物性原料や海洋性原料を採用いたしました。


製品ポイント

化粧品製造には不可欠な、コラーゲンやプラセンタ(通常豚由来)を海洋性原料に置き換えるという、研究開発を得意とする弊社ならではのご提案をさせていただくことで、ご要望を満たすことができました。

OEM製造は責任をもって最終工程までサポートさせていただきます

OEM製造は責任をもって最終工程までサポートさせていただきます

バイオフーズインターナショナルは、化粧品OEM製造に関して、全工程において自信をもっております。徹底した品質管理は当然ながら、製造するにあたってお客様が望まれることを最大限にサポートさせていただきたいと考えております。

売れる健康食品作りをご提案!

化粧品OEM製造事例 プラセンタを使った化粧品

お問い合わせはこちら

よくいただくご質問

お問い合わせはこちら

プラセンタ商品のご購入はナノファイン